こんなもの作ってもらいました        TOP    取り扱いブランド

当店の考える、ビルダーによるハンドメード・カスタムフレームの位置付けは、価格に於いては2〜3倍以上で販売されている
高性能(?)カーボンフレームよりも、ある意味、レベルの高い性能(乗り味、持ち味)を求められている方に対して、御購入頂く
アイテムとして捉えています。 
例えば、ロード・レーサーであれば、ハイレベルなロードレースを戦っているシリアスレーサーの様に、鍛え抜かれた身体で、し
かも、かなりのハイスピードで戦わなければならない方は、やはり最近の高剛性のスペックが必要になると思います。
ただ、当店のお客様で、MTB,シクロクロスでは日本のTOPカテゴリーのライダーとして活躍されており、また、ある分野では日
本一に到達された事のある方で、無類の「クロモリ派」の方がおみえになります、3本のハイクオリティーカーボンバイク(含、MT
B)を所有されながらも、「クロモリ」を依然支持されておられる(この辺は、ライダーのペダリングスタイルによるものが大きいと思
います)事を考えると、最近の物が必ずしも万人向けに、良い方向だけに進化しているとは限らない様に思われます。
毎年、発売される大手メーカーの最新バイクの、初見のインパクトには、何時も「ドキッ!」とさせられるものですが、数年後に同じ
物のを見た時に感じる“古めかしさ”はいつも感じる事実です。(メーカーの思惑通りとでも言いましょうか?)
オーソドックスなクロモリ・フレームは、長距離を、ノンビリと快適に走る事を目指す、ホビー・サイクリストの方には、走るほどに
“体に馴染んで”きてくれるところが、特に、お勧めのポイントと言えると思います。
何時までも“新鮮さ”を漂わせてくれるトラディショナルなスタイルは、時代の変化に捕らわず、末永く付き合える、“あなただけの
自転車”になってくれることでしょう


今までいろんなジャンルの物を作って頂きましたが、残念ながら記録を撮っておかなかった為、手持ちの物、最近の物を
取りあえず紹介します。
最近初められたサイクリストは(中にはお店の人も)既製品しか知らない方が多い様です、スポーツバイクはカスタムメード
が基本だったのです。
既製のフレームにパーツを組んで「ハイ あなただけのオリジナルバイクです」って言うのをよく見かけます(よその商売にケ
チを付ける訳ではありませんが)、乗り手の用途、スタイルを煮詰めていった物が道具としての“あなただけのオリジナル”だ
と思います
外観でけでなく、チュービングの選択、ジオメトリーの設定により硬さや操縦安定性等フィーリングまでコントロールが可能です。
オーダーは、難しく考えることはありません、今乗っている機材を基調に、用途、目指す機材としての性格等のお話を伺い、その
旨を、ビルダーさんと相談、当方の立場は、いわば、仲人的な存在として、フレームを具現化して行きます。
取り合えず図面(raizinorder.pdf へのリンク)を引いて頂き、それを叩き台にして、更に煮詰めるといった行程を辿ります。
マイホームをショールームを見てハウスメーカーの物を買うか、信頼出来る“腕利きの大工の棟梁”にお願いするかといった
例えがお分かりになり易いかもしれませんネ。
この業界も、いつの間にか、MTBの流行に伴う大量生産、大量消費、ユーザーの一般化等に依り変化していったのでしょうね。
十数年前位までは、日本にも今よりずーっと多くの職人さんの工房がありました、今では競輪の機材を作っていない所は生活が
・・・と言ったところでしょうか。
職人さんの皆が良いと言えませんが、センスと腕の有る方々には是非生き残って、価値ある機材を提供して欲しいものです。
今お持ちの機材に疑問を少しでもお持ちであればヒントに成るかも知れませんネ


ロード・フレーム 2014 
 
 RAIZINラバーのAさん、9本目のオーダーフレームを作って頂きました。(マスプロ・ブランド
を入れると15台目)
ロードフレームは久しぶりの3本目のRAIZINオーダーになります。
そもそも、MTB競技(元エリートカテゴリーのトップクラスのコンペテーターにして、’08「王滝」
キング・オブ・マウンテンで在らせられたお方)のトレーニング用として、ロードに乗っておられ
ましたが、今回は一昨年からハマっている「ツールド沖縄」に照準を合わせた、ロードレースの
為のロードレーサーが要件。
現在は10年程前のTREK5900カーボンを乗られていますが、パーツを含めかなり老朽化
が進んでいることもあり、そろそろニューバイクをと、イベント会場や、お知り合いの方の色ん
なバイクを試乗をされたそうですが、最近のカーボンバイクは硬過ぎて、シックリとくるモノが
無さそうということで、以前造って頂いたモノをベースに、最新のテーストを盛り込むといった
構想でデザインを進めました。
これぞ、本当の「フル・オーダー」といえる「オーダー」ですネ

*100km程乗られた後のインプレを頂きました
保々、狙ったイメージとのこと・・・詳細略(玄人過ぎて、一般の方には理解不能かも・・・笑)
   地球を何周か回っている距離を踏まれている
Aさん決定の最終図面です
 トレーニングと違い、かなり高速での集団走行を考慮し
今回はOSヘッドにカーボンフォークの組み合わせ。
しかし、シナリの無い硬いフレームは苦手なAさん。
グラファイト・デザインACCELERATE BDベンド・タイ
プを選択(これは、チョッとした賭けでもあります)。
フォークをビルダー福田氏に送り、実寸を確認して頂い
てから図面作製に入ります。
メインフレームは、KAISEI4130R(0.7〜0.5mm
のバテッド管)のオーバーサイズ
 
   最近のカーボンフォークは、ヘッドチューブにボリ
ュームある、インテグラルヘッドに合わせたデザイ
ンのモノばかりですので、この辺りは見た目も考慮
して、コロンバスのインテグラルパーツをブレーズド
・オンして頂きました
 今回、ビルダー福田氏から提案のあった、少し太目
(Φ2mmUP)のチェーンステー。
こちらは、KAISEIさんの新製品だそうです。
Aさん位になると、ビルダー氏も「インプレ」が欲しい
様ですネ。
シートステーは今回は曲げナシのストレートです。
RAIZIN絡みで、バックを曲げを初めて提案したのは
他ならぬAさん、今では、RAIZINさんの手がける某
ショップオリジナルMTB等はシッカリとベンドがSTD。
「前回作った、シクロレーサー、ストレートでも感じ良か
ったんで、今回も真直ぐで行きますワ」とのこと
 


MTBクロスカントリー用フレーム
チュービングはTANGEプレステージ・スーパーライト(生産中止)
見にくいですが、ダウンチューブ下面にBOXタイプのガセットを付けました(オーナーは走りが荒いので)。
バックの曲げ、チェーンステーの根元は、泥はけを考慮しブリッジをやめガセットで補強。
バックの曲げは2シーズン目にストレートから交換(ラグレスのブレージングにて可能でした)等ライダーに
合わせたアレンジです。
’00 JCFエリート(最高のカテゴリー)でランキング30位、一時は14位につけておられました、なんとこの時、
40歳前の公務員。
3シーズン乗ってボツ!今は当店のオブジェ


トライアスロン用ロードフレーム

身長155cmの女性トライアスリート、バランスから26インチで設計
チュービングはKAISEI019(0.5〜0.8Wバテッド)、ロングの大会がターゲットの為、ホイールを含め硬さ
には神経質な方です。
このフレームは2本目、1本目からは、バックの曲げ、フォークをスチールからカーボン(プロファイルARC)
にしただけで他はあまり手を加えませんでした。おそらくこの方の身長、体重、好みだと市販のアルミフレー
ムだったらクレームものでしょう。
このフレームに乗っての戦績は、ご来店時レースの成績についてはあまり話されない方ですが、私が知っ
てるだけで、’02宮古島女子8位、’02トライアスロン伊良子大会優勝、’03、’04アイアンマン・ハワイ(世
界選手権)連続完走等輝かしい成績です、エージグルーパー敵無し。
オーナーの方は失礼ですが40歳後半の方とは思えません、自分が恥ずかしくなります。             
VAAMのマークはスポンサーだとか言っておられました


シクロクロス用フレーム

シクロクロス カテゴリー1で走られている方のご注文で製作。
チュービングはKAISEI019(0.5〜0.8Wバテッド)、スケルトンはクラックの入ったアラン(イタリア)をコピー、
シートステーはUCIレギュレーションに触れるのでストレートに、他のご注文は泥はけを考慮し、チェーンステ
ーの根元はガセット、シートステー・ブリッジはU字型に。この方、実はズーっと何年もMTBのエリートカテゴリ
ーにて上位を走られていて、これでRAIZIN7本目、RAIZINを体で知り尽くした人なのです、無類のスチール
派。
当店のRAIZINテストライダー(買って頂いてますが)。

フォークは、広めのクラウンが入手し難いとの事でRAIZINお得意のパイプコンストラクションで
やって頂きました。
いかにも“手作り”と言った感じですネ


MTBフレーム・・・・通勤用

北海道で購入されたフィツシャーが融雪剤と、なんと120Kgの体重でついに折損、ご希望は“折れない”こと。
スケルトンはフィツシャーを送り計測、身長183cmにしてはシートサイズが小さかった為、ピラーの折損を恐れ
縦には大きくして頂きました。
ダウンチューブはDHや飛び系の時に使う極太プレーンケージを使用。


MONTY221−Ti用 Frフォーク
小学生ライダーには221はサイズが大きすぎる為、少し短い物を製作。
ブレーキ台座はMAGURAHS−33用



MTBフレーム・・・・”ARENCE”復刻版
交通事故による修理の為当店に持ち込まれ、フレームが曲がったていた為フレームを製作。
このフレームは偶然にもウチのお世話になっているRAIZINワークスさんが(当時はハープ製作所という
屋号)フレーム製作を担当されていたことが判明。
原版は東京の工業デザイン会社の“インターデザイン・ARENCE”というところが24〜25年前に販売して
いたMTB(こんなの前だと当然MTBなんざ日本で当時走っている実物を見た人も少なかった事でしょう、
特に三重では)。
当時、工業デザイン誌で賞を取り、デザイン雑誌の表紙に載っていたこの原版に、オーナーが一目ぼれし
て購入・・・というのがこのバイクのストーリー。
この時代トップチューブのスローピングなし、フレーム単体の時“ロードですか?”とお客さんによく聞かれ
ました
原版のチュービングはロード径でプレーン、復刻版はバテッドに。
ヘッドは1インチ、バックは126MM、リヤは5Sのフリクション、今風の物しか見たことのない方には新鮮な
様で、「カッコイイですね」と言われる事しきり
BMX風リーディングアクスルのフォーク、これは原版のまま。私も久々に見たマウンテンブルームース
型ハンドル


オーダー・フロントキャリア
ステンレス中空パイプ製にて驚くほど軽量です。
フロントフォークとセットでハンドメードされます、
実は私のツーリング車用2号キャリア
3ピース分割式にて輪行時かさばりません


オーダーフォーク
クロモリフォークの乗り味が忘れられない
COPPIオーナーの注文で製作
オリジナルを送り採寸、ヘッド下長、OFF
SETも同じスペックで製作したので、アラ
イメントが変わりません、従って操安も変化
がありません。
また、先曲げのデザインはショックの吸収
が抜群です


 取扱ブランドに戻る    TOP